アルギニン 副作用

アルギニンの副作用は?

過剰摂取

 

適量の摂取であれば心配無用!

 

アルギニンは筋力の増強はもちろん、男性機能の向上やダイエットなどさまざまなことに効果のある成分です。

 

その優れた効果から男性だけではなく女性にも人気となっています。

 

アルギニンのサプリメントを摂取する場合は、基本的に毎日の摂取が必要となるので、
副作用について心配している人もいるのではないでしょうか。

 

結論から言うと、適量の摂取であれば、アルギニンには副作用の心配はありません。

 

食事からの摂取であれば、限界まで食べたとしても心配は不要です。

 

 

サプリメントの過剰摂取は要注意!!

 

しかし、注意が必要なのはサプリメントで過剰に摂取した場合です。
過剰に摂取すると、消化器官へかかる負担が大きくなるので、腹痛や下痢などの症状が出る場合があります。

 

アルギニンはクエン酸で中和させることで胃が荒れにくくなりますが、
単体だと強いアルカリ性の性質を持っている為、消化器官へのダメージとなるのです。

 

最近ではあらかじめ中和されているタイプのサプリメントも販売されているので、
消化器官が弱い人は中和されているタイプのものを選ぶと良いでしょう。

 

中和されているタイプでも適量を守ることは大切です。

 

1日の摂取量は5g程度がベストだとされていますが、
個人差もありますので、自分に合ったアルギニンの飲み方を見つけるようにしましょう。